産後も美しい肌になれる

女性の人生にはいくつかのステージがありますが、出産はその一つです。出産をしたら今までのような体型や若々しい肌が保てないと思ってしまう人もいますが、きちんとした知識をもってケアをすることで美しい肌にすることができます。

痛みを感じる人もいる

体型変化に伴う痛み

成長期に骨が痛くなった人は多いでしょう。妊娠線も結局はそれと同じ、急に体型が変化してしまうことによって起こってしまう現象です。
妊娠線ができてしまうときは、身体に痛みを感じる人もいます。皮膚が裂けてしまうのですから、当たり前です。

予防しきれない

栄養を十分に摂取して、化粧水などをお腹に塗ってケアすれば防げる人もいるのですが、自身の体重変化によってどうしてもできてしまうことがあるのです。
その時の痛みはとてもつらく、お風呂に入るのも大変なのです。痩せている人ほどこういった現象が起きやすく、予防できる範囲が限られています。

できてしまったらすぐ対処

妊娠線ができてしまったら、すぐにクリームなどを塗って対処しましょう。妊娠後にしか手術はできないので、妊娠中にできることはコスメでケアをすることです。
気をつけて欲しいのが、痒くても決してかかないことです。

妊娠にまつわるケアのエピソード

夫に指摘されまくっています

私の夫はいつまでも夫婦間に新鮮さを求める人なので、私も妊娠後にすぐに痩せられるように努力しました。しかし、できてしまった妊娠線はどうにもなりません。夫はいたわってくれるのですが、「妊娠線がなぁ」といつも言っています。

しっかりケアしていた

母がとても妊娠線が多かったので、私は「自分は絶対妊娠線を作らないぞ」と意気込んでいました。妊娠中には化粧水やクリームを使って保湿を心がけ、体重増加も適度に抑えられました。すると、目立つ妊娠線はできなかったので安心しました。

できたときはとても痛かった

妊娠線っていっても、成長に合わせて皮膚が少しずつ広がるんだろうと思って舐めていたんです。すると、5ヶ月あたりになってくるとお腹が「ビリビリ」といいだして、裂けてしまったんですよね。出血もあったので辛かったです。

我慢できずにかいてしまった

痛いと聞いていた妊娠線ですが、私の場合はとても痒かったんです。そんなに目立たなかったんですが、痒かったのでかくと、出血してしまいました。痕になってしまったので、出産後は病院に行ったりコスメを買ってみたり忙しかったです。

サプリメントも有効です

一番良い妊娠線の治療法はレーザーとかの手術だよって聞いていたので、治療用のクリームは使わなかったんです。ただ、葉酸などが入ったサプリは健康のためにも飲んでいたのですが、それのおかげであまり皮膚の断裂もおきませんでした。

<PR>
京都で不妊治療を受けて体質改善。
身体の冷えを解消!施術内容をチェック。【PR】
人工授精なら大阪のクリニックで決まり。
1人1人に合った治療を提供中。

妊娠線の疑問を集めてみました

どんな妊婦さんにもできてしまうの?

誰にでもできてしまうのかといえばそうではありません。赤紫になってしまう人もいますし、断裂した跡が白くて目立たないという人もいます。乾燥肌の人や、痩せ型の人で急激に体型変化をした人はなりやすいでしょう。

発生させないためにはどうするの?

急に妊娠線予防をしてもあまり効果はないといわれているので、全く線を出したくないのであれば妊娠計画をしている最中に行なうと良いでしょう。最低でも、5ヶ月に到達するまでにはクリームを塗っておいて、保湿をした方が良いです。

産後にクリームでケアしても意味ないの?

できてしまった妊娠線を消すのは難しいので、産後にホルモンが落ち着くのを待ってレーザー手術をした方が効果的です。しかし、産後に肌のターンオーバーを促すクリームを塗り続けることで、肌が自然と治癒能力を発揮することもあります。

一日に塗る回数を知りたい

できるだけ妊娠線を出さないようにするためのクリームは、できるだけこまめに塗り替えることが大事です。特に痒いと感じるときは、保湿のためにも塗りましょう。乾燥肌でない人は一度しか塗らなくても効果は持続します。

お腹だけケアをすれば良いの?

妊娠線は実はお腹以外にもできます。これは肉割れともいえるかもしれませんが、皮下脂肪の増加により二の腕や太ももにも線ができてしまうのです。そのため、クリームを塗るときは気になる部分を中心的に塗ることをおすすめします。